賃貸部屋を借りる時の大切な基礎知識について

物件探しから入居までの流れ

これから初めて引っ越しするという人の中には、賃貸部屋探しから入居までのステップがどのようなステップになるのか、まだ想像ができないという人は多いでしょう。賃貸部屋を契約するにあたって、スムーズに次のステップに進むために、部屋探しから入居まで、どんな流れになるのか理解しておくとよいです。まず最初は部屋の条件を絞り出してから、情報誌やインターネットを利用して物件を探します。良い物件が見つかったら不動産屋に行き、賃貸部屋の下見の案内をしてもらいます。

見学してここの部屋に住むことが決定したら、不動産屋で入居の申し込みのステップに進みます。物件の契約内容の確認をしたり、重要事項説明を受けて、その内容で納得できたら契約の手続きをします。そして賃貸物件の引き渡しを受けて入居するという流れになります。

立地もチェック!周りの環境も見ておく

新しい住まい探しをしていると、どうしても目がいきがちになってしまうのが部屋や建物です。しかし、どんなに部屋がオシャレな雰囲気で建物の美観が良くても、立地条件が良くないと住み心地にも影響が出てきます。例えば、毎日の買い物をするスーパーや日用雑貨のお店が近場にないと不便を感じることもあります。その他にも、通勤・通学の時間帯の車の交通量が多いと、最寄り駅まで行くのに毎日危険を感じることもありえます。周りの環境の下調べをしていなかったら、近くに異臭・騒音が発生する施設があるということにも気づけません。住む土地の環境は、そう変わるものではないので、部屋や建物を見学に行くついでに、立地についてもよくチェックしておきましょう。

琴似は札幌駅からはやや離れていますが、繁華街です。そのため、琴似の賃貸を探す際は、スーパー等へのアクセスの良さと、居酒屋等とのほどよい距離の両方を満たしているかをチェックすると良いです。