実は高くない?注文住宅で家づくりをするメリットとは?

好きな場所に家を建てられる!

注文住宅で家を建てるメリットの一つに、「好きな場所に家を建てられる」という点があります。建売住宅の多くは、それまで使用されていなかった土地や、林などを切り開き造成した土地にたくさんの家を建て、入居者を募集します。建売住宅の場合、土地と家はセット販売のため、「家は気に入ったけど、建っている場所は気に入らない」ということが起こりえます。しかし注文住宅で家を建てる場合は、自分の好きな土地を購入し、それから家づくりを始めることができます。都会の近くの便利な場所にある土地にでも、自然豊かなのんびりした雰囲気の土地にでも、家を建てられます。三角地のような一般的には家づくりに向かないとされる土地にでも、家を建てることは可能です。

メリハリをつけて予算を調節できる!

また「予算を調整できる」という点も、注文住宅で家を建てるメリットになります。注文住宅で家づくりをするとコストが高くなるという印象がありますが、それは家主次第です。コストを抑えて家づくりをしようとすれば、注文住宅でも安く家を建てることができます。家全部の建材を最高級の物でそろえようとすれば、莫大な費用が必要になります。しかし、リビングの床材には最高級のものを選び、普段使用しない部屋や、お金をかけても仕方ない場所は安い材料で作るなど、メリハリをつけるとトータルのコストは安くなります。注文住宅で家を建てるときは、どこにお金をかけて、どこで節約をするか、事前に予算計画を立てておくことが大切です。こだわりの詰まった理想の家でありながら、トータルコストは建売住宅と変わらないような家づくりも可能です。

注文住宅で重要なのは土地探しです。いくら上物が良くても立地が悪いとその魅力は半減してしまいます。都心に近く、地価もまだまだ値上がりが見込める埼玉の注文住宅は今後ますますおすすめです。