長く住むことを見据えた間取りの家を建てよう

家族の変化に対応できる家づくり

注文住宅を作る際にこだわりのポイントはそれぞれにあると思いますが、気に留めておいて欲しいポイントのひとつに、家族の変化に対応できる家にするということがあります。夫婦二人の暮らし、小さな子供がいる暮らし、思春期の子供がいる暮らし、あるいはリタイア後の暮らしなど、その時々によって暮らしやすい家というのは変わってきます。せっかく建てた家で、長く心地良く暮らすために、将来を見据えた計画的な家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。

将来のリフォーム費用を節約できる

たとえば子供部屋で考えると、子供が小さいうちは一緒に遊べるおもちゃも多く、みんなの部屋の方が楽しく過ごせますが、ある程度の年齢になるとそれぞれ守りたいプライバシーができたりして個室を欲しがるようになります。特に異性の兄弟の場合はいつまでも同じ部屋というわけにはいかないということもあります。もともと大きな家で部屋数が多い家なら問題ありませんが、そうでない場合は、建て増しをするか引っ越すかという大掛かりな解決法になってしまいます。

そういうことを考えて、初めから子ども部屋に入口を二つ作るという方法があります。可動式の間仕切り家具などを置けば、広さは狭くなりますが、簡単に二部屋にすることができます。入口を二つ作れなくても、入口を両開きの引き戸にしておくだけでもそれぞれの入口にすることができます。
ほかにも、ある程度年配の人がいるなら、将来手すりなどをつけやすいように、廊下や浴室を広めにしておくとか、バリアフリーにしやすい間取りを考えておくことも有効です。

素敵な注文住宅を名古屋の注文住宅業者に依頼する場合は、実績とデザイン性を重視して業者を決めましょう。