オール電化なら光熱費が安いってホント!?安くなる秘密とは

基本料金の2重払いが無くなる

オール電化物件の人気が高い理由として、電気とガスを両方共に契約していると基本料金を2重に支払う必要が出てきます。オール電化ならば最初からガス機器とガス警報器のレンタル費用すら不要となるので、基本料金も1つのみで済むわけです。節約生活を行うと分かるように、ガス基本料金に相当する1,500円から2,000円を減らすために行う努力は相当なものとなります。オール電化にするだけで一気に節約出来る点は、大きなメリットです。

深夜電力は日中電力よりも激安

オール電化住宅は、深夜電力を使った貯湯式給湯器を設置することになるので、日中よりも遥かに安い深夜電力を活用出来ます。太陽光発電に代表される再生可能エネルギーは、普及促進のために発電した電気を高額買取する制度の影響で高いです。原子力発電を利用した安くて安定した電気を24時間安定して供給出来る電力会社ほど、深夜電力料金も安くなっているので1ヶ月トータルの電気料金も割安になります。深夜電力を活用出来る部分を全て夜間のうちに行うことで、日中の高い電気料金を最小限に出来るわけです。

空気が汚れにくいから換気回数が最小限

冷暖房費が各家庭の光熱費に占める割合は大きく、春秋の光熱費と比較して真冬では3倍近くに跳ね上がる世帯も珍しくありません。灯油を利用した暖房器具は、FF式を除いて毎時間の換気が必要になるので、発生させた熱を捨てる回数が多くなります。オール電化ならば、エアコンによる冷暖房は燃焼を伴わないために空気が汚れにくくなっているわけです。多少の換気は必要になるものの、大量の熱を逃してしまうほどの換気は必要ありません。月間光熱費を最小限に出来ることは、オール電化最大のメリットとなります。

千歳の賃貸では、最新設備が充実している新築物件も比較的多く存在し、利便性や快適性を求めている場合でも魅力的な物件を見つけられます。