こういうところもよく見て決めよう…賃貸物件の選び方

イメージをしっかり持つ

実際に生活するのは部屋の中ですから、外観はとりあえずどうでもいいと思うかもしれません。しかし、内観と外観の両方を満たしているに越したことはないでしょう。お城のような形をした賃貸に住みたいと思っているなら妥協しないで探すべきです。自分が住みたいとイメージしている物件を見つけることはとても大切だと思います。イメージしたものと違った物件に住まなければならなくなると、テンションが下がり愛着も薄れてしまいます。仕方ないから「ここでいいや」と思うような物件ではいけません。

ベランダの選び方について

ベランダの広さについては賛否両論だと思います。ベランダがついていてもほとんど外に出ないという方もいます。洗濯もするし広めのベランダでバーベキューや日光浴を楽しみたいと考える人もいます。大抵の賃貸はベランダにエアコンの室外機が設置されていますから、その分スペースが狭くなってしまいます。内見でベランダをチェックする時は、室外機の大きさや設置してある場所をよく確認しましょう。小さなベランダでも室外機が天井に設置されていれば、狭くてもスペースを有効活用できます。

建物の色もよく見よう

内観が綺麗なら外観はどうでもいいと考える人も多いですが、汚いよりかは綺麗な方がいいはずです。同じような物件の選択に迷う時には外観もポイントになります。吹き付け塗装やサイディングと呼ばれる外壁塗装の種類から見極めるというのもありです。外壁塗装には種類別に耐久性が違い、どのみちリフォームが必要になります。リフォームを予定している物件だと、工事期間中窓を開けられないなどの不具合が生じるかもしれません。外壁リフォーム済みの物件かどうかも視野に入れて探すといいでしょう。

室蘭の賃貸を契約したい場合、マンスリーマンションという選択肢があります。初期費用を抑えることが出来ます。