人生が左右される…こんな賃貸物件の選び方もある?

方角を調べて選ぶ賃貸物件

行ってはいけない方角…その方角に行くと不吉なことが起きるという考えのもとにあるのが、方位学や風水学といったものです。インテリア開運術などの書籍は数多く販売されていて、引越しをする際にそれを利用する方も結構います。物件を探しに行く不動産の位置や探しに行く日を吉日に合わせると、非常に良い物件が見つかるのです。方位学を利用すると良い方向が分かり、そのエリアで物件を探せば、開運できる賃貸を見つけられるかもしれません。

北東の鬼門を避けると良い

風水において一番悪い方角は北東と言われています。これを家の間取りで当てはめて北東面に水回りがない間取りを探します。賃貸物件を探すとバルコニーは必ずと言っていいほど南にありますから、台所や浴槽トイレの位置は北東側になっていることが多いのです。日本の住宅はほとんど南バルコニー、北に玄関という形を取っていて、北東に水回りがない物件はあまりありません。物件を選ぶ時に東向きもしくは西向きのバルコニーを選ぶと、北東に水回りを持つ物件が外れやすくなります。

住む場所によって人生が変わる?

どこで生まれてどこに住んできたかということが人生に大きく関わっています。引越しをすれば当然子供の学校も変わりますし、地域のあり方によって買い物や生活を合わせていくわけです。突き詰めていくと人間関係もまた暮らす地域で築かれていくわけですから、そういう意味で考えると引越しは人生を変える出来事になるので、賃貸住宅を決める際には、間取りや広さだけで決めてはいけません。 家族の人生も良い方向に向かってほしいと思うのは人の常であり、風水や方位学などの占いの力を借りて賃貸物件を選ぶという方法も一つの選択と言えます。

札幌中央区の賃貸には非常に安い物件から、高級賃貸マンションまでさまざまです。そのため、経済状況に合わせて部屋を選ぶことができるのです。