賃貸物件は車の有無で選び方を変えましょう

車を持っているなら郊外も選択肢に入れる

一人暮らしや家族で生活する賃貸物件は、車の有無で選び方を変えるようにしましょう。移動手段としていつでも利用可能な車があるなら、駅やバス停に近い場所だけではなく、離れている郊外も選択肢に入れることをおすすめします。郊外の賃貸物件を選べるメリットは、駅や施設が充実している場所よりも家賃が安いことです。離れている距離が長いほど家賃は安くなる傾向があるので、費用面を第一に考える人は郊外の賃貸物件を選びましょう。ただ、車が一台だけだったり、運転できるのは家族の一名だけだったりといった場合は、家賃の安さだけで郊外を選ぶのではなく、移動の負担を考慮して賃貸物件を選んだ方が、家族全員が快適に暮らせるようになります

車がない場合は周辺の施設で選ぼう

賃貸物件を選ぶ際に車を持っていない場合は、周辺に施設が充実している環境で探すと良いです。たとえば、バスや電車を利用できる駅が徒歩数分や10分以内の場所にあるなら、車を持っていなくても通勤や通学は問題ないでしょう。また、駅が近ければ休日に買い物に出かけることも可能です。駅以外にはコンビニやスーパーが近くにある賃貸物件を選ぶと、徒歩ですぐに訪れることができます。コンビニは食品や日用品の買い物以外でも便利な施設なので、賃貸物件から近い場所にあると便利な施設です。他にはスーパーも魅力的な施設の1つとなっています。家族で生活する世帯は、単身者に比べて食品を購入する機会は多いので、賃貸物件から近ければ楽に買い物できます。

江別の賃貸をお探しなら、12月~3月までの冬季間は、平均気温が氷点下になることを考慮して選びましょう。